Googleの地図でMapsAPIsを活用する - Google Maps APIsの使用方法について

Googleの地図でMapsAPIsを活用する

インターネット上には多くの地図サービスがありますが、その中でも特に人気を集めているのはGoogleが提供する地図サービスです。目的地の情報だけでなく、周辺施設の情報まで調べることが出来るため、多くのブログやホームページで採用されています。

Google Maps APIs Premium Planのことならこちらのサイトにお任せください。

また普通に地図サービスを利用するのではなく、カスタマイズをして利用しているところもあります。
Googleが提供する地図サービスは他の地図サービスと違い自由にカスタマイズが可能です。

例えば特定の場所のみにマークを表示させたり、特定の場所を通過すると画像を表示するように出来たり、そういったカスタマイズを自由に行うことが可能です。



このカスタマイズを行うためにはMapsAPIsと呼ばれる仕組みを利用する必要があります。

最初のアカウント登録が必要になりますが、とても簡単に導入可能です。



ただしMapsAPIsの仕組みを導入するためには、プログラミング技術が多少必要になるので覚えておきましょう。簡単なカスタマイズ程度であれば、2週間ほどの勉強でMapsAPIsを組み込むことが出来るようになります。


難しいカスタマイズの場合、半年から1年以上の勉強が必要になります。導入に関する詳細な情報については公式ホームページを確認するのが良く、導入方法や必要な知識について記載があるので、それを参考にすると良いでしょう。
Googleの地図を自由にカスタマイズできればより多くの情報を与えることが出来ます。